Alma Publishing

About us

Our Approach

Contact us

© 2019 by Alma Publishing 

Tel: 075-203-4606 / Email: info@almalang.com

よくあるご質問

​『La société française』に関するFAQ
他の教科書のFAQ

▼フランス語

Moi, je... コミュニケーション

Moi, je... 文法

Conversation et Grammaire

La société française

Écrire en français

▼英語

​Conversations in Class

1) この教科書の特長は何ですか?

フランスでの仕事のあり方など、シンプルで基本的なテーマを扱っています。約200枚の写真や表・グラフが使われているので、それらを視覚的に楽しみながら学習することができるでしょう。また、教科書全体が一貫性のあるつくりになっており、今日のフランスについての包括的なイメージを持つことができます。

​▲トップに戻る

2) レッスンはどのような構成ですか?

1つのレッスンは6ページから成ります。
まず、1ページ目には導入として、学習者の興味関心をひくような写真や地図、グラフが掲載されています。2ページ目には、日本語要約付のメインテキストがあります。次の3ページ目では、テキストに出てくる重要単語リスト、及び、内容の理解度チェックやテーマに関する簡単なクイズが用意されています。4、5ページ目には、2、3ページ目と同じように、もう一つのメインテキストと単語リスト、クイズが用意されています。最後に、6ページ目には、レッスンで学んだ内容を補足する写真やグラフ、コラムなどの資料が掲載されています。

​​▲トップに戻る

3) 全ての内容を授業で扱わなければいけませんか?

そのような必要はありません。1・6ページ目の資料の内いくつかだけをピックアップして紹介したり、学生に各自で目を通しておいてもらうこともできます。 また、3・5ページ目の内容確認クイズの答えは教科書内に用意されていますので、それらは予習・復習として学生に各自でやらせてもよいでしょう。

トップに戻る

4) 授業計画はどのように行えばよいですか?

『La société française』は15回の授業での使用を想定して作られています。1回の授業で1つのレッスンを行うとして授業11回分になります。残りの4回分は、初回授業や授業の遅れの調整、テストなどにあてられます。1回の授業で1つのレッスンを終えるためには、1ページ目と6ページ目の資料は学生に各自で 目を通しておいてもらうことをお勧めします。また、テキスト本文の読解にも時間をかけ過ぎない方がよいでしょう。テキストのスムーズな読解のために、以下のツールを教員用指導書に用意しています。

   

  • 学生の興味関心をひく導入質問の例 ➡ テキストを読むにあたって、大まかにレッスン内容を把握しておく助けになります。

  • 内容理解を深める質問例 ➡ パラグラフ毎にテキスト内容を理解するのを容易にします。

  • テキスト訳と正誤問題の解答訳 ➡ これらの日本語訳は2013年度改訂版に対応しています。almalang.wordpress.comの サイトよりダウンロードできます。この訳を学生に配布すれば、テキストや正誤問題解答の説明を省くことができます。また、ネイティブの教員の方で、日本語 で詳細な説明をするのは難しいけれども、学生には内容を詳細に理解してほしい、というときにも役立つでしょう。また、授業の目的がフランス語のテキスト読 解ではなく、フランス社会や文化の紹介などである場合は、授業の切り札として非常に有効です。

​▲トップに戻る


5) もし通年で授業が行われる場合、あるいは週2回行われる場合は?

その場合は、約30回の授業で計画を立てることができます。1つのレッスンを2回の授業に分けて行えば、1回の授業で1つのテキストを丁寧に学習することができますし、教員用指導書に掲載されている補足資料を紹介することもできます。

​▲トップに戻る

6) フランス文化の授業では、どのように教科書を使えばよいですか?

講読用テキスト、または作文用テキストとしてお使いください。この教科書はフランス語の学習時間が60-100時間程度の学習者を対象としています。しかし、テキストの日本語訳を配布すれば、フランス語を学習したことがない学生でも、フランスの社会や文化について学ぶための教科書としてお使いいただけるで しょう。
テキストの日本語訳はこちらからダウンロードできます。

​​▲トップに戻る

7) 作文の授業では、どのように教科書を使うことができますか?

作文の授業では、次のようなアクティビティが可能です。
・質問や問題の解答をフランス語で書く(学生の興味関心をひく導入質問、内容理解を深める質問など)
・テキストの始めに載っている日本語の要約をフランス語に訳す(正しい訳は教員用指導書に掲載しています)
・テキストの中から、フランス・フランス人について書かれている内容を、日本の場合に書き直してみる
(例:「En France, les lycées…」→「Au Japon, les lycées…」、「Les Français préfèrent… car…」→「Je préfère… car…」など)

​​▲トップに戻る

8) 音声トラックはどのように利用できますか?

ウェブサイトwww.alma-download.comには教科書の全ての音声トラックが用意されています。学生たちはこれらの音声を無料でパソコンやスマートフォンにダウンロードして聞くことができますし、インターネットのブラウザ上でそのまま再生して聞くこともできます。
また、教員の方は、教員用補助教材のオーディオCDをご利用できます。

​​▲トップに戻る

お探しの質問は見つかりましたか?

​そのほかのご質問がある場合は、こちらよりお問い合わせ下さい。